スポンサーリンク

第42章_1

ヤドン達が消息を絶ったという話の真相を突き止めるため、俺達は南西にあるというヒワダタウンを目指していた。
人間の文字が読めるために自ずと地図役を担っていたロズレイドが身勝手にもマニューラの後を追って離れてしまい、見知らぬ土地に一寸だけ途方に暮れそうになったこともあったが、こちらには念のために持っていた予備の地図があるし、文字なら元人間だというデルビルだって読める。
ミミロップの奴めは「ほら、やっぱりロゼちゃんがいないと困るでしょ?」などと、嫌味たらしく釘を刺そうとしてきたが、まったくもってそんなことは無いのだ。
ここ三十二番道路は、キキョウシティから南に真っ直ぐ伸びる自然と変化に富んだ道だ。
森があり、岩山があり、入り江があり、入り江には古めかしい木製の桟橋がかかっており、それをまるで高みから見下ろして嘲笑うかのように真新しく冷たい銀色の光を反射するリニアの鉄橋が、交差して横切っている。
地図によれば、この三十二番道路の先にある繋がりの洞窟を抜ければ、岩山や深い森を越えることなくヒワダタウンの近辺へと出られるようだ。
本来、少しくらい険しい山や森などポケモンである我らにはどうということは無く、寧ろ人間が寄り付かなくて好都合なのだが、未だに体に馴染まぬというデルビルが足を引っ張る。
まったく、利用価値さえ無ければこんな奴、置き去りにでもしてやりたいところなのだが。
俺達は仕方なく、キャンプに来ているトレーナーや、桟橋で糸を垂らす釣り人達の目につかないように注意しながら進んでいった。
「そろそろ繋がりの洞窟だぜ。あの岩山のそばにポケモンセンターがちらりと見えるだろ?洞窟の入り口はあそこから目と鼻の先だ」
言いながらデルビルは鼻先で示す。見やると、ポケモンセンターの特徴的な赤い屋根が確認できた。


人間やそれに連れられたポケモン達にとっては洞窟に入る前の良い休憩所になるのであろうが、野生である俺達にとってはそうはいかない。
回復を終えて気力に満ちたポケモンを連れたトレーナーがいつその中から飛び出してくるかもしれない危険地帯だ。
俺達は迂回して裏手の林の中を慎重に歩んだ。
その途中の事。
「だーかーらー、そんなモンいらないって言ってるだろ!」
「まあまあ、坊ちゃん、そんなこといわずに見てってくれよ。これ、とっても栄養満点で美味しいんだから!」
林の外から、人間の言い争う声が聞こえてくる。何をやっているのかは分からんが、触らぬ神に祟りなしだ。気づかれない内に通り過ぎてしまおう。
「何だろ?」
そう考えている俺をよそに、アブソルが興味深そうに声がする方へと顔を向ける。
「“おいしい”……?」
更に、ぼんやりとしていたムウマージが途端にスイッチが入ったように目を輝かせて呟いた。
「お前達、人間と余計な関わりは無用――」
「いってみよ、アブソルちゃん!」
「うん!」
俺が止めるのも聞かず、二匹は声のした方へとウキウキと駆けていった。
「あ、こら! 待て!」
神は、触らずとも向こうからやってくる。少なくとも俺に憑いているヤツはそうだ……やれやれ。


二匹の後を追い、俺とミミロップ、デルビルも声のした方へと向かった。
二匹は林際の草むらの中で立ち止まり、草の陰から声の主を窺い出した。
「お前達、勝手な行動は慎めと……」
「しっ、気づかれちゃうよ」
追いついて窘めようとする俺の口を遮ってアブソルは言った。
むう、と俺は不服に唸りながらも、仕方なく黙って様子見に加わる。
林の外には、黒に黄色いラインが入った帽子を後ろ前に被っている、赤いジャケットを着た十歳前後くらいの人間の男児と、小太りでどこか怪しい風貌をした中年の男の姿があった。
中年の男は黄色帽子の行く手を遮り、しきりに何かを売りつけようと勧めているようだ。
「ああ、分かった分かった、もうしつこいな。で、一体、いくらだよ」
とうとう根負けした様子で、黄色帽子は鞄に手を突っ込んで財布を探りながら尋ねる。
「へへ、まいど。なんとこのヤドンの尻尾、なんとたったの百万円! さあ、払った払った!」
その言葉に、黄色帽子は目を白黒させて驚く。俺の耳も思わずピクリと跳ねた。
「そ、そんな大金払えるわけねーだろ、ばっかじゃねーの!」
慌てた様子で黄帽子は吐き捨てるように言い、中年の男の脇を素早く駆け抜けてポケモンセンターの中に逃げ込むように入っていった。
「ちっ、最近の子供は金持ちだと思っていたが……」
中年の男は諦めた様に舌打ちする。
「おい、今のを聞いたか?」
俺は声を潜めながらも慌ててミミロップに声をかける。
「うん、高すぎてとてもじゃないけどあんなの買えないわね」
「たわけ、そっちじゃない。あの男はヤドンの尻尾と言っていた。今回のヤドン達の失踪に関わりがあるかもしれん」


「わ、わかってたわよ、そのくらい。で、どうすんの? あいつ、見張ってみる?」
「いや、奴はまだまだあそこで押し売りを続けるつもりらしい。あんな調子では売り切れるはずもないし、諦めて動き出すのを待っていたら、日が暮れてしまう。ここは手っ取り早く奴に聞いてみるとしよう」
「えー、でも、私達の言葉なんて人間には通じないでしょ」
「そういう時のために、おあつらえ向きの奴がいるだろう」
言いながら、俺はデルビルを見やった。全員の視線がデルビルに集う。
「おいおい、待てよ。自分で言うのも何だが、俺みたいな人の言葉を話せる珍デルビルが、あんな明らかに同業――同情の余地もなさそうな悪徳野郎の目の前にのこのこ出て行ったら、とっ捕まって見世物小屋に売り払われちまうに決まってるぜ」
うろたえながらデルビルは首を横に振るう。
「誰が直に姿を晒せといった。いいか、よく聞け――」
俺は全員を集めて作戦の概要を話した。

「――では、取り掛かる。準備はいいな、ミミロップ」
「まっかせてー。んふふ、人型相手の体術は師匠から粗方習ってはいたけど、実際に人間で試すのは初めてね」
どこかうずうずした様子でミミロップは両拳を組んでぱきぱきと指を鳴らした。
「やる気なのはいいが、ちゃんと加減はしろ。人間は脆い」
呆れ混じりに俺は言う。
「わかってるってば。じゃ、よーい、ドン!」
掛け声とともに、俺とミミロップは茂みを飛び出し、男の背に向かって勢いよく駆け寄る。


男は道の真ん中でぼうっと突っ立って次の被害者を待ち構えているようだ。
「んん?」
足音に気づいた男が不意に振り返り、俺は男の足元すれすれの地面に目くらましの電撃を放つ。
男が一瞬怯んだ隙にミミロップは素早く間合いを詰め、咄嗟にモンスターボールを取り出してポケモンを繰り出そうとした男の腕を掴んであっという間に背後から締め上げた。
男は苦悶の声を上げ、手からぽろりとボールを転げ落とす。
ボールが開いてしまう前に、俺は素早く滑り込んでキャッチし、スイッチをロックに切り替えた。
ポケモンを使役するトレーナーは厄介な相手ではあるが、ポケモンを繰り出せないようにしてしまえば、後はどうということはないただの脆弱な人間だ。
特異な例としてトレーナーでありながら自身も自力で岩を砕けるほどに、ポケモンと共に肉体を鍛え上げてているような無茶な輩もいると聞いたことはあるが、少なくともこいつはそうじゃない。
「ぐぐ――なんだ、こいつら! だ、誰か、たす――!」
騒ぎ立てようとする男の口をミミロップは耳で覆う。
『黙ってなさい。大人しくしていれば、すぐに終わるわ。――って、言っても、通じないか』
容赦なく締め上げながら、ミミロップは男を林の奥へと手際よく引き擦り込んでいく。
『よいぞ、デルビル』
予定の位置にまで男を引っ張り込み、俺は木の裏に身を隠しているデルビルに声をかける。
『おうよ――』……あー、ゴホン。よくやったな、お前ら」
デルビルは犬らしい鳴き声で俺に応答した後、少しくぐもった人間の言葉で言った。
「こ、こいつらをけしかけたのはお前か!」
口の覆いだけ外され、男は声の方へと叫びつける。


「その通り、俺が命じてお前をここまで連れてこさせたのさ」
木の裏に隠れたまま得意げな調子でデルビルは答えた。
いくら欺くためとはいえ、人間の、とりわけあんな奴のポケモンなどという設定はどうにも癪に障るが、ここはぐっと堪える。
「こんなことして、一体どういうつもりだ!」
「くっくっく、なあに、一つ二つ質問に答えて貰いてえだけだ。お前が売っているヤドンの尻尾は一体どこから仕入れてきたもんだ?今、ジョウトじゃあヤドンの尻尾の売買は、大っぴらには規制されているはずだよなあ」
デルビルの問いに、男は途端に顔色を変える。叩けば幾らでも埃が出てきそうだ。
「チッ、てめえ、サツか? いや、その口ぶりからして――」
「おっと、やれ、ミミロップ」
『はいはい』
言われるまま、ミミロップは男の腕を締め上げる力を少し強める。「ぎゃっ」と男は短い苦悶の叫びを上げた。
「質問を質問で返すんじゃあねえよ。先生に習わなかったか? 大人しく答えたほうが身のためだぜ。そのウサギとネズミは一見かわいい顔して、凶暴なのさ」
「こ、こんなことしてただで済むと思ってんのか。俺の仲間が黙っちゃいねえぞ……!」
「それはお前に何かあったのがバレりゃの話だろう?今ぐらいの時期は、アリアドスやヨルノズクが冬に備えて腹を空かせてる。こんな所に手ごろな動かない肉の塊が転がってたら、あっという間に片付けてくれるだろうなあ……」
人間の言葉でありながら人間にあらざぬもののように冷徹に響く声。男の顔が、みるみる青ざめていく。
「わ、わかった、話す!ヒワダタウンの、ヤドンの井戸だ!あの井戸の奥にヤドン達を閉じ込めて、尻尾を切り集めているんだ!」


これで話の繋がりが見えてきた。
ヤドン達の失踪には、やはり人間共の薄汚れた思惑が絡んでいたのか。
『何ですってぇ?! 何の罪もないポケモン達に、よくもそんな酷い真似を!』
怒りも露わに、ミミロップが男の腕をぎりぎりと締め上げる。
「んぎゃああああああ!!!!!」
そのままではへし折りかねないところを、俺は慌てて押し止める。
『待て! 気持ちは分かるが、勝手な事をするな!』
『どうなったっていいわよ! こんな奴の一人や二人!』
『腹立たしいのは俺も同じだ!……だが今は、情報を収集する方が先決、という事を忘れるな。こんな輩を痛めつける事ぐらい、後で幾らでも出来よう……おい、続けてくれ』
どうにかミミロップを窘め、更に質問を続けるようデルビルに促す。
「……成程、ドン臭いヤドン共から搾取し、お前らは楽して大儲け、って魂胆か」


俺達の様子を見て溜め息を吐きながら、デルビルは尋問を続ける。
「そうだ……もっとも、俺はただの下っ端の下っ端で、切った尻尾を売り捌くよう命じられてるだけで……」
「実行部隊は別にいる、って訳かい。お前ら、どこの組織のモンだ?」
「そ、それは……」
「言え、さもないと……」
口籠るところにミミロップが再び力を込めると、男は「ひっ」と息を詰まらせ、絞り出すように慌てて叫んだ。
「ろ、ロ……ロケット団だ!てめえも名前ぐらい聞いた事あるだろ!あの、悪名高きロケット団だ!」
「な、何ぃ?!」
『何だと?!』
『ええっ?!またあいつら、こんな悪どい事やってんの?!』
「どうだ、ビビったか?!公にゃ解散させられた事になっちゃいるが、まだまだ組織は健在だ!仲間もあちこちに大勢潜伏している。近く、このジョウトを乗っ取ってやる計画だってあるんだぜ!」


驚く俺達にやや強気になったものか、男は勝ち誇ったような笑みを浮かべた。
どうやら、一度結び付いてしまった因縁は、容易には消えぬものらしい。
確かに、ポケモンを商品としてしか見ていない奴らなら、このような非道な所業も平気でやり兼ねん。
忌まわしきグレンタウンの屋敷、ハナダの洞窟での一件、不自然なリニアの停止……
道々感じてはきていたが、奴らはしぶとく生き残り、再起を目論んでいたのであろう。

――俺は一抹の不安を感じて振り返り、口を噤んだままのデルビルを窺う。
ここに至っては、もう勿体付ける必要もあるまい。
十中八九、こやつ――デルビルの正体は、この男同様、ロケット団の残党であろう、と俺は睨んでいる。
そんな奴が仲間の所業を聞き、一体どんな反応を示すのか。
急に媚びへつらう態度に出るか、はたまた、現在の姿を恥じて怯えるだけか。


「……き、聞いてねえぞ、そんな計画……何しろ、まだ……――様は……」
だが、俺の予想に反し、奴は驚きと焦りの入り混じったような顔で、何やらブツブツと呟いている。
その様子に不可解なものを感じながら、俺は木の幹を叩いて奴に注意を促す。
ようやくデルビルはハッと我に帰り、気を取り直したように言葉を続けた。
「そ、そうか……だったら道理ってもんだぜ……首謀者は誰だ? 一体、誰がお前らに命令している?」
「ヒワダで指揮を取ってるのは、幹部のランス様だ。まだ若いが、かなりの切れ者だぜ」
「……ランス?」
ふとデルビルは耳をピクリと蠢かし、眉間に皺を寄せた。その表情が、何故か次第に強張っていく。
「奴が……幹部?あの気障ったらしい若造が幹部だとぉ?!てめえ、今そう言ったのか?!」
怜悧な態度から一変、急に噛み付かんばかりに語彙を強めた相手に対し、男はビクッと体を竦めた。

スポンサーリンク


TOP