スポンサーリンク

第38章_1

─こちらはニューラのアジト。

プラスチック板を割れんばかりに叩く音と、
「――ぉい! 起きな!」
それに負けんばかりのドスを利かせた声が、ロゼリアのおぼろげな意識を乱暴に揺さ振る。
「えっ、なに――うわ!」
訳が分からないうちに、今度は天地が急に引っ繰り返って、ロゼリアは冷たい空気の下へと突然投げ出された。そして全身を包む浮遊感と、目の前に迫る地面。覚えのある状況に、今の自分が置かれている状態を理解した――時には既に遅く、体勢も心の準備もできぬままに頭からぼてりと落ちてしまった。
「いたた……」
ロゼリアはぶつけた額を撫でていたわりながら体を起こす。
「よ、目ぇ覚めたか? ねぼすけちゃん」
声の方を見上げると、にんまりと笑みを浮かべたマニューラが、片手の爪先でカプセル温室をバスケットボールのように器用にくるくる回しながらたたずんでいた。
ホッ、とロゼリアは安心する。あの石を盗っていったニューラじゃなくて良かった。戦う決意をしたとはいえ、顔を合わせてもまだ真っ向と向かっていく勇気が持てない気がしてならなかった。思わず安堵してしまったのが何よりの証拠だ。自分の意気地のなさに、自然と自虐的な乾いた笑みが顔に滲んだ。

「何だ、気味わりーな。ちょっと強く落としすぎたか?」
マニューラは怪訝な顔をしてロゼリアを覗き込む。は、と我に返った様子でロゼリアは立ち上がった。
「い、いえ。何でも。大丈夫です。ごめんなさい、僕、寝坊しちゃいましたか?」
洞窟の中に外の光は届かず、時計など持っていようはずもないため、昼か夜かも分かりはしないが、こんな強引な起こされ方をしたのだから随分と寝過ごしてしまったのだろうとロゼリアは思った。
「話は後だ。ついてきな」
それだけ告げると、マニューラはさっさと先に行ってしまった。ロゼリアは首を傾げつつ急いでその後に続いていく。


たどり着いたいつもの広間はニューラ一匹おらず、天井のレアコイルも休眠状態に入っているのか真っ暗だった。
「他の皆さんは?」
不安げにロゼリアは尋ねる。
「まだおねむさ。当分起きてこねーよ」
マニューラは小さな石を拾い上げ、レアコイルにこつんとぶつけた。
「ビ!」とレアコイルは驚いて飛び起き、部屋を照らす。
抗議しようとするレアコイルに、マニューラは「しっ」と爪を口に当てた。

「え、と。これから何をするんですか?」
「鈍いな。誰にも邪魔されない中、二匹っきりでやることなんて大体……わかるだろ?」
そう囁き、マニューラはロゼリアに擦り寄るように近づく。
「え? ええ?」
顔を真っ赤にして戸惑うロゼリア。
その無防備な隙を狙い、マニューラは思い切りロゼリアの体を蹴り飛ばした。

「何ボーッと突っ立ってやがんだ。もうタイマンは始まってるんだぜ」
後ろに倒れこんで茫然としているロゼリアに、マニューラは鉤爪を長く伸ばして突き付けた。
「立ちな。今日から約束通り、オレ達の戦い方ってやつを叩き込んでやる。
まずはオメーがどれだけ、ご希望の“これ”でやれんのかオレが直々に見てやるよ」


尻餅をつき動けない自分の喉元に向けられた、無慈悲で冷たい光を反射する鋭い切っ先。恐怖と威圧感に伝う冷汗。
深く刻み込まれていた忌まわしい自分のコピーとの戦いの記憶が呼び起こされ、ロゼリアの脳裏にフラッシュバックする。マニューラの顔に、コピーロゼリアの冷淡な嘲笑が被って見えた。
『どんな手を使おうと、僕の足元にも及ばない』
脳内で思い起こされ、繰り返し響く仇敵の侮蔑。それを掻き消すようにロゼリアは叫び声を上げ、針を伸ばした勢いで地から弾けるように立ち上がってマニューラに突きかかる。

「おおっと。いいぜ、その調子だ。がんがん突いてこいよ。どんな方法でもいーから一発でも当ててみな」
余裕綽々といった様子でマニューラはひょいと体を針から逸らして言った。休みなく次々に繰り出される刺突も、まるで軽業師のような華麗で軽やかな身のこなしで、口笛混じりに避けていく。
屈辱感と焦りが募り、ロゼリアの太刀筋はどんどん乱れていった。
「ヒャハ! どーした、ロゼちゃん。コイキングの体当たりの方がまだ気合いが入ってるぜ」
「――ッ、このォ!」
煽りに乗せられ、後先も考えずロゼリアは思い切り横薙ぎを振るう。
それを狙いすましたように鉤爪が反った内側で針の腹を引っ掛け、強引にロゼリアを引き倒した。

「……ま、こんなもんか。よいせっと」
うつ伏せに倒れるロゼリアの背を、マニューラはとんと軽く腰を下ろして押さえ付ける。
「むぎゅ! ちょっと、つ、潰れちゃいます! 重い重い重いー!」
じたばたと叫ぶロゼリアの頭をマニューラは小突く。
「重い重いうるせーよ。オメーがチビすぎるのがワリィんだ」
「うぐう……」
抵抗は無駄と諦め、尻に敷かれたままロゼリアはおとなしくなった。
「バカ正直に真っすぐすぎるぜ、オメーは。もっと何つーか、はめを外してみな」


「でも、具体的にどうすれば……?」
捻りだすようにロゼリアは声を出す。
「勝つためならどんな手でも使えっての。さっきだって、オメーなら突くついでに毒花粉をばら撒いたり、針ごと飛ばして不意をついたり、なんなりと工夫の余地はあっただろーが」
「だって、そんなの卑怯じゃないですか」
やれやれ、とマニューラは呆れ、ひらひら両手を振るう。
「そんなしょっぱい正義感しょってるから、オメーはションベンくせーんだよ。
卑怯なんて言葉は忘れちまえ。卑しむべきなのは敵への怯えと、無様な負けだ。
負けたら、死んじまったら何の意味もねぇ」
ふと一瞬、マニューラの赤い瞳に愁いが帯びる。
下敷きにされているロゼリアはそれに気付くことなく、口惜しげに唸って押し黙った。
音まで凍り付いてしまったかのような冷たく沈んだ片時の静寂に広間が包まれる中、上層に開いた巣穴の奥からは、うっすらとざわめき声が聞こえてくる。
「あいつらが目を覚まし始めたみてーだな。そーいや今日は……ヒャハ、いいこと考えた」
マニューラの口元がにやりと大きく弧を描く。
「オメーのゲロ吐きそうなほど甘ったるい考えをぶっ壊してやるよ。習うより慣れろ。嫌でも変えざるをえねーさ、死にたくなきゃあな」

――
「はあーッ!?どういうことだ、マニューラ!」
ニューラの一匹が驚愕の声を上げる。広場に集まる他のニューラ達も騒然としていた。
「聞こえなかったのか?今日の狩りには、このロゼリアも連れていくって言ったんだ」


「ふざけんな!こんなヘナチョコ野郎連れていけるかっつーの」
おろおろと立ち尽くすロゼリアに苛立たしげな一瞥をやり、ニューラは怒鳴るようにマニューラへ訴える。
周りからも非難や奇異の目を向けられ、ロゼリアは悲鳴を上げて逃げ出したい気持ちで一杯だった。
何せ、ロゼリア自身もまったくそんな話は聞かされていなかったのだ。
ニューラ達が集まってくる前、マニューラは不敵な笑みを浮かべて、楽しみにしていなとだけ言った。
先の“死にそうな目にあわせてでも甘い考えを変えさせる”という発言からして、絶対にろくでもない事を企んでいるとロゼリアはこの時点で読み取っていたが、しっかりと踏み付けられていては逃げ出せるはずもなかった。
ニューラの文句を聞きながら、マニューラは面倒臭そうに扇状の赤いたてがみを爪先で繕う。右の耳から左の耳へと適当に聞き流しているのは誰が見ても明らかだった。
これ以上言っても無駄だとニューラは舌打ちし、ロゼリアに直接詰め寄っていく。
「おい、ヘナチョコ。これから行くのは楽しいピクニックじゃないんだっつの。お前みたいなお荷物背負わされたら、皆迷惑すんだよ」
威圧的に迫るニューラに、ロゼリアは黙って俯くことしかできなかった。
やっぱり怖い。心配していた通り、いざニューラを目の前にすると、口と喉は凍り付いたかのように動かなくなって何も言い返せない。情けなくて、悔しくて、目が熱くなる。


「へっ、びびってだんまりかっつの。顔真っ赤だぜ、泣くのかボクちゃん?何も出来ないんだったら、さっさとネズミどもの所へ帰ったらどうだ。垂れ流した涙と鼻水を優しく拭いてもらえんぞ」
ニューラは更に執拗にロゼリアをコケにし、周りのニューラ達はせせら笑いながらやり取りを眺めていた。
黙ってじっと二匹の様子を見ていたマニューラは、仕方なさそうに小さくため息をつく。
――我慢していたけれど、もう駄目だ。
とうとう堪えきれずに涙が零れてしまいそうになった時、ニューラが胸倉を掴みそうになったその瞬間、二匹の間に割って入るようにナイフのごとく研ぎ澄まされた氷の礫が、地にカツンと乾いた音を立て突き立つ。
びくりとしてニューラはロゼリアから素早く離れ、周りのニューラ達もしんと静まり返った。
ロゼリアは礫が飛んできた方を見やり、背筋がぞくりとする。普段の陽気さを微塵も感じさせない、重く冷酷な輝きをマニューラの瞳に一瞬垣間見た気がした。
「見てりゃ、いつまでもぐだぐだとうるせーんだよ。こいつを連れていくって決めたのはこのオレだ。これは提案でもお願いでもねぇ。命令なんだぜ、分かってるかクソッタレ共」


「わ、分かってるよ。ちょっとからかっただけだっつの」
ニューラは鳥の尾羽に似た赤い尻尾を巻き、すごすごと引き下がっていく。すれ違う際、ロゼリアを恨みがましく横目で欠かせず睨み付けていった。
「おい、待ちな」
その背に、マニューラが出し抜けに声をかける。ニューラは再び肩をびくっとさせ、慌てた様子で振り返った。
「な、なんだっつの。もう文句は言わねぇって」
「いや、お前だけやけにこのロゼちゃんと親しげだからよぉ。荷物届けさせた時にどうかしたのかと思ってなぁ、ヒャハ」
まさか光の石を奪った事がばれたのだろうか。ニューラの背に冷や汗が伝う。動揺を必死に隠そうと少し強張る顔を、マニューラは知った上でにやにやと見つめた。
「特に何も問題はねぇっつの。届けるついでにちょっと仲良く世間話をしただけさ、なあ?」
気さくな風を装い、ニューラはロゼリアに話をふった。だが、目では『石の事は絶対に言うな』と睨みをきかせている。
「は、はい」
ロゼリアは力なく答えた。
「へーぇ。それなら丁度良いな」
「何がだよ」
恐る恐るニューラは尋ねる。
「普通は四か五匹で組むところを、いつも自分達のチームは三匹だけで大変だとぼやいてたろ?そんなに仲が良いんなら、今日の狩りにはロゼリアをオメーのチームに加えてやるよ」
え、えぇー!?は、はぁーッ!?二匹の声は、シンクロするようにぴったりと同時に上がる。
「連携もバッチリ。これは決まりだ、ヒャハハ」
「ふざけん――」
「め、い、れ、い、だ!」
ぐ、とニューラは言葉を飲み込んだ。
ロゼリアはあまりの状況に頭をくらくらとさせてマニューラを見つめる。果たして自分のことを鍛えたいのか、それとも窮地に落とされて足掻く様を見て楽しみたいのか、計りかねていた。
マニューラはロゼリアの様子を見据え、どこか満足気に微笑む。
――あ、きっと両方なんだ……。
ロゼリアは確信し、諦めたように苦笑した。
「心配すんな。オメーが足引っ張る分は、少しくらいならオレがカバーしてやるからよ。それじゃあテメーら、改めて出発の準備だぜ。四十秒で支度しなー!ヒャハー!」


シンオウ地方の北部に位置するキッサキ方面は、シンオウ中央に切り立つテンガン山から吹き下ろす寒気によって、絶えることなく雪が降り続けている。
地面も、木々も、すべてが白く化粧された純白の世界。その美しさとは裏腹の厳しい極寒の環境にも、ポケモン達は適応し、力強く生きている。
細雪振る白一色の森に、木の合間を縫うように駆ける幾つかの黒。その最後尾の更に後方、置いていかれぬよう精一杯に走る小さな姿が一つ。

息を切らしかけながら遥か後方にいるロゼリアを、ニューラは憎たらしく見つめる。危惧した通りロゼリアに足を引っ張られ、他のチームにかなりの遅れをとっていた。
「くそっ、お荷物め。たまったもんじゃないっつの」
走りながらニューラは呟くように吐き捨てた。
「仕方ないでしょ、マニューラの言い付けだもの」
自身も釈然としない思いを抱えながらも、横のメスのニューラがそれを嗜める。
「それならお前がおぶってやったらどうだっつの。前みてーによ」
「ふん、冗談じゃあないわ。もとはと言えば、あんたがあいつに変なちょっかいだしたせいじゃない」
「おーおー、このままじゃあ何も捕れなくて飯抜きだ。かわいそーに!ギャハハ」
二匹の言い合いを後ろから他人事のように眺め、もう一匹のオスニューラが笑い飛ばす。ちっ、と舌打ち、二匹は互いに顔を背けた。


ぎすぎすしながらも止まることなく駆ける三匹だったが、木の表面に付けられた不可思議な傷を見つけると不意に立ち止まり、注意深くそれを見る。模様のようなその傷は、マニューラが残していった合図だった。
「『西へ 獲物 追う』か。もうとっくに獲物を見つけてるみたいだな」
「足跡が雪で埋まってほとんど残ってない。これ以上ぐずぐずしてたら不味いわね」
「もう終わってたりして。ギャハ」
ニューラは焦りと苛立ちに唸り声を上げた。
いつも三匹ながら、狩りでは上々の成果を上げている自分達のチームが、たった一匹のお荷物のおかげで全くの約立たずになっているなど堪え難い屈辱だった。
再び舌を打ち、ニューラはお荷物の来る後ろを振り替える。丁度木の影になっているのか、まだ姿は見えない。そこでふと、ニューラの頭にある考えが浮かぶ。
「おい、あのお荷物もサインの意味は知ってんだよな?」
「そのはずよ。出発前にマニューラが教えていたもの」
ニューラは口の端を上げる。そして、「良い考えがある」と二匹に耳打ちした。
「ふぅん、なるほどねぇ。あたしは賛成しないわ。まあ、止めもしないけれどね、ふふふ」
「ギャハ、あくどいの!」
「へへ、マニューラには黙っとけよ。じゃあ早速やるっつの」
ニューラ達は樹の表面をささっと爪で斬り付けると、足跡を消すようにばさばさと雪を掻き上げながら走っていった。

それから少しして、息も絶え絶えのロゼリアがようやく木の下へとやってくる。ただでさえそれ程走ることが得意ではないというのに、慣れない雪道と冷気は容赦無く体力を奪っていた。
それでもロゼリアはマニューラの期待に応えようと、めげずにニューラ達の姿を探す。だが、既に影も形もなく、その足跡さえも見つからない。
途方に暮れようとしていた時、ロゼリアは木に刻まれたサインに気付く。
『北へ 獲物 追う』
――急がなきゃ。
ロゼリアは慌てて北へと走る。上から更に刻み込まれたようなサインの違和感に気付く余裕はもうなかった。


まんまとロゼリアを出し抜き、足枷の無くなったニューラ達は、マニューラと他のチームに追い付こうとぐんと走る速度を上げた。
三匹は程なくしてニューラの一団に追い付き、並走しながら狩りの状況を尋ねる。
ようサボってたのかい?これはこれはお早い到着で。有望なルーキーが入って良かったな等と、他チームのニューラ達は遅れてきた三匹をにたにたとしながら口々にからかった。
「うるせーっつの。それよりどうなってんのかさっさと教えな」
「へーへー」
どうにか聞き出した話によれば、更に先行しているマニューラとニューラ数匹が、少しずつ北東へと獲物を追い込んでいる最中らしい。
他チームのニューラ達はこれから二手に分かれて先回りし、三方から包囲する寸法のようだ。
何とか間に合ったようだと、三匹は胸を撫で下ろす。
「あれ? ところで、あのチビの姿が見えないけど、一体どこにやったんだよ」
「知らねえよ」
他チームニューラの問い掛けにニューラはぶっきらぼうに答えた。
「いいのか。あれに何かあったらマニューラにきつくどやされるぞ」
「へっ、いつも以上のご丁寧さでそこかしこに刻んである指示さえ見逃さなきゃ、遭難することはねーだろ。まあ、万が一どこかで“読み間違え”たりしていたらどうなるかは分からねえが、そん時ゃ自業自得だっつの。あのヘナチョコもしっかりサインの意味は習ってんだからな」
ざまあみろ。心の中でニューラは笑った。奴は今頃、細工したサインに騙されてあらぬ所へ行っているはず。意味を書き替えた部分は後でそれとなく消してこよう。確か『西』を『北』にしたんだったな。
――ん?北?マニューラ達が向かっているのは北東……。いや、まさかな。
不意に湧いた嫌な予感を、ニューラは有り得ないと奥に押し込んだ。

スポンサーリンク


TOP