第32章 - 2

ゴルバットとの距離、約二メートル。異変に気付いた赤服の人間は即座に振り向き、繰り出したカメックスに指示を出そうとするが、既に目前にまでゴルバットは迫っていた。
牙がその身に突き立てられようとした刹那、襲撃者の右翼に放たれた電気の帯がかする。
翼先を焼かれたゴルバットは堪らず金切り声を上げながら、赤服の体をとんぼ返りするように逸れ、羽音を立てて天井近くまで舞い上がった。
赤服は呆気に取られたようにゴルバットと電撃の元――俺の方を交互に見やる。
……思わず飛び出てしまった。手に残るピリピリとした感触が軽率な行動を戒める。
上空から降り注ぐ羽音と耳障りな鳴き声。はっとして、赤服は表情を戻す。
「カメックス、冷凍ビームだ!」
赤服の命令にカメックスは四つんばいになり、背甲に携えた二対の砲搭を構えた。
――やはり助けぬ方が良かったか。人間になど期待するべきではなかった。
舌打ちし、俺は遮蔽物となりそうな岩陰に身を戻そうとしたが、砲搭は俺を通り過ぎ上空へと向けられる。
砲口の数センチ先に青白い輪が一瞬輝いたかと思った瞬間、真っ直ぐに光の線が伸び、ゴルバットを貫く。
叫び声を上げる間もなく、たちまちゴルバットの体は凍てつき、氷塊と化したそれは川へと落下し流されていった。
それを見届けると、赤服はゆっくりとこちらに目を向ける。
俺は体勢を低く構え、頬に蓄まった電気をバチバチと鳴らし威嚇した。岩陰からミミロップ達も飛び出し、俺に加わる。
カメックスも砲搭をこちらへ向け、低く唸る。
「ちょっと、待った待った」
一触即発の状況。慌てて赤服はカメックスと俺達の間に入り、手で制した。
「こいつらは敵じゃないよ、カメックス」
カメックスは腑に落ちなさそうな顔で構えをとき、立ち上がった。そしてふんと鼻息を飛ばし、苛立たしげにそっぽを向く。
赤服は宥めるようにカメックスの甲羅を軽く叩いた後、俺達に向き直りまじまじと見回し始めた。
「うん、間違いないな。ワタルさんみたいな変なマントのピカチュウ、ウサギみたいな子、この辺には滅多にいないはずのロゼリア、ムウマが進化したみたいな子。この組み合わせ、よく覚えている。あの時の子達だよね?そのアブソルは新しい友達かい?」


赤服はしゃがんで俺達に目線を合わせると、そう微笑みかけてきた。
「何だかまた君達に助けられたみたいだね。ありがとう。それにしても随分と久しぶりだな、君達を見たのは。シルフビルでの事件以来かな」
にこやかに赤服は俺達に話し続ける。
過去の世界で共にロケット団と戦ったあの人間の子供。
自身に及ぶ危険など顧みずポケモン達のために戦った人間の一人であり、ミュウツーに反発する事を俺に決意させた要因の一つだ。
それが3年近い月日を経て成長した姿で、再び俺達の前に姿を現した。
「……確かレッドとかいう人でしたっけ。僕達と一緒に戦った」
ロゼリアが声を潜めて言う。
「ああ、そのようだ」
神共の手によりどのような記憶の改竄が行われたのかわからんが、互いにその存在は覚えているようだ。
思わぬ再会に何か感慨深いものを感じてしまいそうになりながらも、ふと我に返る。
まだ油断はならない。こいつが一体何の目的で現われたのかまだわからないからだ。
「君達はここに住んでいるのかい?――って、そんなわけないか。他のポケモン達みたいに狂暴化していないしな。この洞窟は危険だ。それも正体不明のポケモンが、新しく住み着き始めたらしい今はいつも以上にね。助けられた僕が言うのも難だけど、迷い込んだのなら早めに抜け出したほうがいいよ」
正体不明のポケモン――まさか人間達もミュウツーの存在を嗅ぎ付けているのか。
奴の存在は公に広く出回るような情報とは思えない。だが、研究の関係者にしては知っている情報が漠然としている。
「さてと、そろそろ調査を再開しないとな。例のポケモンも、君達みたいにおとなしい子だったらいいんだけど、そうはいかないだろうな。もし危険な奴なら、悲しいけど倒さなきゃならない。……じゃあ、君達も気を付けて」
そう言って、レッドは腰を上げた。そしてカメックスに波乗りの指示を出す。
「野性のポケモンに同じ言葉が通じる友達みたいに話し掛けてくるなんて、 相変わらず変わった人。でも、どうやら目的は私達と似ているようね」
「うむ……」
協力して進むべきか否か――。


敵は強力だ、戦力は多いに越したことはない。道中は少しでも全体の体力を温存し、後に控えている避けられぬであろうミュウツーとの戦いに備えなければならない。
あまり多くの人数を連れ立つと敵の目に留まり余計な戦闘を招くことになりかねんが、こいつは一人で――ホルダーには六つのモンスターボールが取り付けられている――六匹分。
所詮、人間なため本体自体は軟弱で役に立たないとしても、その指揮の下に動くポケモン達は大きな戦力となる。
見たところエーフィ、そしてカメックス共によく鍛練されており、トレーナーとしての腕前もそれなりに認められるものだ。
目的はほぼ同一。敵の敵は味方。大いに利用、もとい協力させてもらおう。
「あの者と共に行くぞ」
「それがいいでしょうね」
ミミロップが賛同する。
「置いていかれては元も子もない。急ぐぞ」
カメックスに跨がり岸を離れていくレッドの背に向かって一足先に俺は駆け出し、背負っているバッグに飛び付いた。
「うわ!」
突然の衝撃にレッドは声を上げ、体を軽くよろめかせた。主の異変にカメックスはひどく驚き、大きく揺れる。
その拍子にバッグが開いて幾つか道具が零れ、川に落ちる音がした。
激しい揺れに耐えつつ、飛び付いてきたものを掴もうと迫るレッドの手を避けながら、俺は体をよじ登って渡り、レッドの目の前に顔を覗かせた。
「な、何で――っと、僕は大丈夫、大丈夫だ!落ち着くんだ、カメックス!」
俺を確認し、慌ててレッドは暴れるカメックスの甲羅を踵で叩き、叫んだ。
カメックスは徐々に平静さを取り戻し、暴れるのを止めた。
ふう、とレッドは安堵の息を吐き、荒れる息を整える。
「君かぁ……。まったく、驚かせないでくれよ」


レッドは首を傾げ俺を見つめた。
「何のつもりだい?突然、意味もなくじゃれついてくる子には見えないけど。道に迷ったようにも見えないし――もしかして、また僕に協力してくれるとか?」
俺は首を縦に小さく振ってみせる。そしてレッドのジャッケットの裾を片手でくいくいと引っ張りながら、ミミロップ達の待つ川岸をもう片方の手で指し示した。
くす、とレッドは笑う。
「そうか……危険な事にわざわざ自分から首を突っ込むなんて、相変わらず変わった子達だなあ」
それは前々からお前がやっていることだろうに。
「ふん、お前に言われたくはない」
自分のことを棚に上げた発言に、思わず悪態が口をついて出てしまう。
だが、人間に我らの言葉など通じはしない。気にすることもないだろう。
「はは、まったくだよね。――それじゃあ君の仲間を迎えに行こうか、小さなヒーロー。カメックス、元の岸に一旦戻ってくれ」
ヒーローなど冗談ではない。最終的な目標はその真逆だ。
――今、何かが変ではなかったか。
違和感に、ふと気付く。……いや、まさかな。

岸に着きカメックスから降りると、レッドは俺達とカメックスを交互に見比べた。
「さて、どうしようかな。全員をカメックス一匹には乗せられないよね。そっちの二匹は結構大きいし」
ひとしきり悩んだ後、レッドはモンスターボールを取り出す。
気付いた俺達は一斉にレッドから後ずさり、離れた。
「違う、違う。捕まえるつもりじゃあないよ。これ中身入ってるから。信用ないなあ。出てこい、お前達!」
もう一つボールを取り出し、レッドは同時に放り投げた。ボールの中から現われたのは、一対の立派な翼を背に生やした赤い竜と、でっぷりとした体系の黒い大きなポケモンの二匹――リザードンとカビゴンだ。


「俺の背の上はどうだい、スウィートハニー?」
レッドの指示でカビゴンにアブソルとロゼリア、そしてリザードンに俺とミミロップが乗り込み、カメックスとカビゴンで水上、ムウマージとリザードンで空中の二手に分かれ進むこととなった。
それはいい、だが問題は――。
「ふう、本来ならこんな陰欝な洞窟の中じゃなくて、雄大な大空をエスコートしたいところなんだがね。そして余計なおまけがついていなければもっといい」
足元の、俺を余計なおまけ扱いしているこの小煩い羽トカゲだ。
「それはいいわね。でも、私はピカチュウが一緒じゃなきゃ乗らないわ」
「つれないな、お嬢さん。だが障害が多いほど俺は燃える質なんだ。あなたほど美しいとあれば殊更に」
主人の手を少し離れたと同時に二つの意味で羽を伸ばし、この調子でミミロップにちょっかいを出し続けている。
「もう……。ピカチュウ、なんとか言ってよー」
そして、その間中、ミミロップは助け船を求めてか、俺のマントの裾をくいくいと引っ張っている。
大きな溜め息が一つ、自然に漏れだす。煩わしい板挟みに苛立ちの限界が近づいていた。
「場を弁えよ、リザードン」
「おや?妬いているのか、おチビさん。生憎、俺はあんたの手下じゃないんでね。命令に従う必要も、気も、微塵もない」
バチバチと俺の頬が鳴る。ありったけの電流が忌まわしい羽トカゲに向けて放出されそうになるのを、体を震わせながら必死に堪えた。叩き落としてくれようにも場所が場所だ。
「ああ、ハニー……俺の愛は死ぬまで燃え尽きることはない。我が尻尾の先に灯る炎のように――うわチッ!」
突然、ジュッという水が一瞬で蒸発したような音とともに、リザードンが体を少し仰け反らせ悲鳴を上げた。
「ぅるっせーんだよォ!クソッタレの色惚け野郎が。トカゲがウサギに発情してんじゃねえ!」
下の方――水上から、いかつく乱暴な声が響く。覗き込むと、カメックスがこちらに顔と砲塔を向けていた。
リザードンは尻尾の先の炎が消えていないのを恐る恐るといった様子で確認した後、首を下に向けカメックスを睨み返す。
「ちっ、相変わらずデリカシーのない鈍亀だ。愛に種族など関係ないんだよ!」


「がぁーッ、何が愛だ!おめえみてえな色惚けトカゲが言うと数百倍、いや、数千倍気色わりぃんだよ!」
カメックスはレッドの制止も聞かず再びリザードンへ照準を合わせ、砲塔から勢い良く水を噴射する。
リザードンは体を傾け、軽々と二本の水流の合間を縫うようにかわしていく。
急に体を傾けられ、俺はバランスを崩してリザードンの背を転げ体が宙に放られた。
「しま――ッ!」
がしりと腕を褐色の手に掴まれ、引き寄せられる。間一髪のところで俺はミミロップに抱えられ、難を逃れた。
「大丈夫?」
「ああ、すまんな」
放水が止むと、馬鹿にするようにリザードンはカメックスの上空で旋回を始める。
「ははは!鈍亀め。不意を突かれなきゃそんなトロくさい水鉄砲が二度も当たるか。それに前から何度も言っているが、俺は今はもうトカゲじゃなくて竜だ。至高にして孤高なる、高みの存在。トカゲや愚鈍な亀のような爬虫類とは違うんだよ爬虫類とは」
「あー!うるせえ、うるせえ!トカゲはトカゲだろうが。わけわっかんねえこと言いやがって。オーキドのジジイんとこに居た時から、おめえだけは気に食わねえ。これからもずっとそうだと言い切れるぜえ!」
「奇遇だな、俺だってそうさ。それが何の間違いか肩を並べて共に戦うことになるなんて……嫌で嫌で嫌で嫌でしょうがない」
二匹の言い争いは止むことなく延々と続き、激しさを増していく。
甲羅の上でレッドは片手で自分の後ろ頭をがさがさと掻き撫で、深く息を吐いた。
「二匹とも、いい加減にしないか!」
主人の一喝に二匹はびくりと反応する。そして互いに口惜しそうに睨み合った後、顔を背けた。
「まったく……どうしていまだに仲良くできないのかな、お前達は。これじゃあグリーンに顔向けできないよ」


「あ、そっか。思い出した」
ミミロップがぽつりと呟く。
「なんだ?」
「え?いや、あのカメックス、前にもどこかで見たことあるなぁって思ってたんだけど、ツンツン逆立った髪型したグリーンって名前のヤな人間が連れてた奴と同じ奴よね。ほら、シルフビルで戦った。あ、ピカチュウは見てないか」
名前までは知らないが、ツンツン頭の人間の事は覚えている。
確かカメールを連れていたような覚えがあるが、あの時点で既にカメックスに進化していたのか。
「そうさ、ハニー。あの鈍亀はそのグリーンが連れてた奴だよ。 君の美しさはあの時から変わらないね。まさにダイヤモンド、いや、パール――宝石のような永遠の輝きさ」
首を少しこちらに向け、リザードンが答える。余計な口説き文句を付け足して。
欝陶しさここに極まれり。ここが地上であれば即座に電撃の餌食にしてやるものを。
「はいはい……。そういえばあんたも居たわね、リザードン。でも、何であのレッドって人が今はあのカメックスを連れてるの?ポケモン交換し合うような仲良しにはとても見えなかったけど」
確かにそうだ。あの時、グリーンはレッドの前に立ちふさがり、敵対しているようだった。
ダークライの影響下にあったとはいえ、屍のような目をしていたロケット団員達に比べ、自己を保っていたように思える。
リザードンはぽりぽりと首筋を掻いた。
「まあ、あの二人には色々とすれ違いがあってね。あの後も何度か衝突していたけど、最終的には和解したのさ。リーグでレッドがグリーンに勝ってチャンピオンになった時、オーキドのジイさんに諭されたのが一番効いたんだろうな。あの鈍亀は和解の証にグリーンの奴から贈られたそうだ。俺にとっては迷惑な話だよ」


「待て。今、なんと言った。グリーンに勝ってチャンピオンになっただと?」
「なんだい、生意気なおチビさん。折角、俺とハニーが話しているところなのに割り込んでこないでくれたまえよ。まあいい、隠す必要などない。そうさ。俺のマスター、レッドは今やポケモントレーナーの頂点!泣く子も黙り、憧れるポケモンリーグのチャンピオンだ。そして俺はそのポケモン。惚れなおしたかい、ハニー?」
「一度もあんたになんて惚れてないんだけど」
「つれないね。だが、それがいい」

なんと……!
では、カントー各地で何度も耳にした、我らポケモンのために尽力しているというチャンピオンは、あの者――レッドだったというのか。
あの真直ぐにポケモンを想う心は時の流れに捻曲がることなく、むしろ更に力強く成長していたのだ。
これ程……これ程――何と表せばいいのだろう、言葉が見つからない込み上げる熱い感情の渦に俺は飲み込まれる。
奴には守るだけの価値がある。人間としてではない、レッドという個の存在としてその価値を見いだした。
決して飼い馴らされたわけではない。対等の立場として、受けた恩に報いる。それだけだ。
すべてを終わらせた後、洞窟の外へレッドを無事に送り帰す。それが俺にできる精一杯の返礼。
その後も共に歩むことはできない。俺にも目指す道がある。

「みんな、上がるに丁度よさそうな場所がある。そろそろ降りる準備をしてくれ」


岩壁に丁度よく階段のように削れ低くなった箇所を見つけ、レッドはそこから陸に上がるようカメックス達に指示を出す。
俺達とムウマージは先に上へ行っているよう言われ、一足先に岩壁の上へと降り立った。
「ハニー……君と離れるのは非常に名残惜しいよ。何ならずっと乗っていてくれても俺は一向にかまわないんだが。ああ、生意気なおチビさんの方はもう俺の背に用はないだろう。さっさと降りてくれ」
ぴくぴくと口端が引きつるのを感じる。
「言われなくともそのつもりだ」
何があってもこいつだけは助ける必要は無いな。そう心に決め、蹴るように背を飛び降りた。
「自分で歩けるから私も降りるわ」
ほぼ同時に背後から素っ気ない断りと着地音が響く。
「それは残念」
ふん、いい気味だ。同時によくわからない安心感のようなものも覚える。

洞窟は依然として広い奥行きを見せる。
すぐ先に、更に上の層に続くというのか梯子が備え付けられていた。
ここから見ても所々を錆付かせているのがわかり、年期を感じさせる代物だ。
「やあ、待たせたね」
声に振り替えると、レッド達が石の段を登り終えこちらに向かってきていた。
アブソルとロゼリアも続いて姿を見せる。どうやらカメックスとカビゴンはボールの中に戻されたようだ。
「梯子か。まだ上の階があるようだね」
うーん、と小さく唸りながらレッドは考え込む仕草を見せる。
「二、三年前にもグレン島の調査団がこの洞窟に来て逃げ帰ったらしいけど、あの梯子はもっと古そうだよね。凶暴化したポケモン達。そして数日前に洞窟の辺りで目撃されたっていうロケット団らしき奴ら――この洞窟、何だか益々きな臭くなってきたぞ」
ロケット団……?
奴らは三年前に壊滅したのではないのか。他でもないレッドと俺達の手で首謀者を倒したはず。
この一件、奴らが関わっているというのか。


「――とりあえずどんどん奥へ行ってみるしかないか。前に進まない事には何もわからないし始まらない」
レッドはバッグの肩掛けを強く握り締め、気を入れるように背負い直した。
「僕が先に上の様子を見てくるよ。君達は後に続いてくれ。そっちのアブソルとロゼリアは梯子を使うのは辛そうだね。リザードン、頼めるかい?」
グガァ、とどこかやる気の無い返事をリザードンは返す。
渋々といった様子で身を少し屈め、背中をアブソルとロゼリアに差し出した。
乗り込んでくるロゼリアを不機嫌そうにリザードンは睨んでいたが、アブソルの時はまじまじと見つめた後に態度を一転させ、愛想良く背に迎えた。
ふむ、神々しい何かに無意識が気付いたか?
「んー、数年後に期待というところかな」
リザードンの呟きに思わず体の力が抜け、ずるりとよろけそうになってしまう。
……知らないということは、恐ろしいものだ。
この不埒な羽トカゲに天罰がくだったところで、俺は一向に構わないのだが。むしろ大歓迎と言えよう。

―――

上の階は、天井まで届きそうな巨岩が無数に並び、行く手を阻んでいた。
砕こうにも岩は非常に硬いものばかりで、カビゴンやリザードンの力をもってしても、表面が抉れるだけで岩自体はびくともしない。
壊しながら進むことは諦め、通路のように並ぶ岩と岩の間をおとなしく進むことを俺達は余儀なくされていた。
「まずは大まかな地形を知りたいな」
そう言ってレッドが霊体であるムウマージに周辺の探査を頼んでから、十数分が経とうとしていた。
この時点――いや、ムウマージに頼んだ時点で嫌な予感はしていたと言うべきか。
ようやく通路の先からムウマージがこちらに向かって飛んでくる――勢い良く転がる二つの巨岩を後ろに引きつれて。
「ごめ~ん、てきにみつかっちゃってたみたい~」
「ば、馬鹿者がぁッ!」
転がる岩の正体は恐らくゴローン。最高速で転がる奴らに正面から挑むなど愚の骨頂。
加えて、今にも爆発しそうに赤く膨れ始めている。
俺達は奴らを避けきれそうな空間を目指し、一目散に逃げ出した。

- 80 -
スポンサーリンク
スポンサーリンク