スポンサーリンク

第26章_1

気を取り直し、ごつごつした山道を俺達は歩いていく。
――ロゼリアが一番ダメージが深刻そうだ。トラウマとして刻まれた様々な忌まわしき記憶が溢れだしたのか、肩を少し落としげっそりしている。
しかし本当に荒れた地形だ。ポケモンですら少し苦労しながら進まなければならぬほどなのだ、人間が来ないと言い切れるのも頷ける。
ミミロップがよじ登ろうと掴んだ岩が崩れて落ちかけたり、自らも転げ落ちそうになりながらそう思った。
これならば下の道を無理矢理、強行突破すれば良かったのではないかと少し後悔する。
必死に踏ん張り登る横を、のろま~、とけらけらわらいながらムウマージがふよふよと俺達を軽く追い越す。
今はあの浮ついた体が非常に羨ましい。手と足の力を抜けば今すぐにでもなれそうだが、やはり遠慮しておく。
数回の起伏を突破し、何度目かの上り坂を少しずつ上がるにつれ、道の両側の岩しか見えなかった景色が徐々にあけてきた。

「ふう、とりあえずここで少し休憩するか」
ようやく坂を上りきると景色はすっかりとあけ、北を見れば大海原。南を見れば遠くにポケモンタワーらしきものとヤマブキシティの街並み。
そして西を見ればこれから目指そうとしているおつきみ山――?
少し上の部分が削れ、山が小さくなってしまっているような――。

「うわあ! すごい!」
アブソルの感嘆の声がすぐ背後から急に上がる。その声で先程まで抱いていた疑問が吹き飛んでしまった。
きょろきょろぐるぐると、すべてを目に焼き付けるようにアブソルは一面の景色を見回す。
あまり動き回ると危ないですよー、というロゼリアの注意も聞かず、そわそわと忙しなく動き回っている
ふ、と軽い笑いとともに息が漏れた。お前自身が創った世界だろうに。だが――確かにそれなりの眺めだ。今まで深く意識して景色など見たことは無かったな。
「どうだ、俺と共に来て良かっただろう?」
きゃっきゃとはしゃぐ背中に声をかける。アブソルは振り返り、満面の笑みで、うん!と答えた。


さて、疲れも少しは取れた。そろそろ出発するとするか。
そう告げると、ミミロップ達はまだ休みたい、まだ見たいと次々に不平をならべる。
ムウマージはいつも通りひとり、マイペースに漂っている。
ここまで来れば恐らくもう少しだろう。そう言い、並べ積まれた不平不満を無理矢理突き崩す。
うるさくブーイングしながらもぞろぞろとミミロップ達はついてきた。
そろそろ空に薄く赤色が交じりだしている。暗くなる前に山道を抜けなければな。

ほとんど崖のようだった山道を踏破し、ハナダシティ北東の小さな森にたどり着く頃には、空は赤色が大部分を占めていた。
町には、名残惜しく友人との遊びを終えたであろう人間の子どもや、一日の業務を完了した大人達などの帰路につく群れが行き交い、非常に人目が多い。
あれが人間!と興味深そうに町に出ていこうとするアブソルを叱咤する。
さすがにあの人の流れに入っていく気にはなれない。
ましてや図体のでかいのが一行に加わったのだ。俺達は無理をせず夕闇に紛れて進むために、紅が藍に支配されるまで少し森の中に潜んでいることにした。

程なくして空は藍染され、辺りはすっかりうす暗くなった。
人通りも随分と少なくなり、これならば街灯や建物の明かりを避けるように注意していけば、そうそう見つかることはないだろう。
表立った通りを極力避け、縫うように光と光の間を慎重に進み、何事もなく――とは言えないが――ハナダシティを通り抜けた。
アブソルが人間の家の窓を無防備に覗きこんだ時など、どうなることかと思ったが。
そしてたどり着くは4番道路。おつきみ山は目と鼻の先なのだが――我が道は、すべてが楽に滞りなく進むことはないと、改めて思い知らされることになる。
地中から突如伝わる震動。震動はどんどんと近づいてくるように大きくなり、目の前が突然隆起した。
弾けるようにその地の瘤から飛び出してきたものは、鋭い刺で覆われた背中、指先に太く尖った爪を持つ四肢――サンドパン。
「イヤッハー! なーんか怪しい奴を発見、発見! この先は通さねーぞってのォッ!」
有無を言わせず、飛び出た勢いのままこちらに爪を振り上げ襲いくる。


「ハッハー! てめぇらも俺様の餌食にしてやるッ」
とサンドパンは今にも襲い掛かかってきそうだ。両手の爪がそれを物語っている。

「ピカチュウさん、僕に任せて下さい。」
「そうだな、行ってこい。」
と、俺はロゼリアを見送ると他の手下たちと近くの叢で闘いを見守ってやることにした。
相性の面では有利だ。素早さではほぼ互角といったところ。

攻撃はサンドパンが先に仕掛けてきた。
しかし、ロゼリアは甘い香りで牽制しつつ、紙一重で鎌による攻撃を回避していく。
だが、それはサンドパンにとっても周知のことだったようだ。
次の瞬間、サンドパンの狂喜に満ちたような雄叫びがこだました。
「くらぇぇぇッ!」
サンドパンの爪による猛攻が命中し、ロゼリアの身体を切り裂いた!
……ように見えた。

だが、ロゼリアのように見えた物体は、身代わりだったようだ。
そして、後方からのくさぶえによって、サンドパンは眠らされ、危なげなくロゼリアのメガドレインが決まった。

「………終わりましたけど、これ どうします?」
まあ、起きるまでまつか。手下は大いに越したことはないし。
ところで、ロゼリアはいつみがわりなんて覚えたんだ?ときいてみた。

すると、


自分に似せた人形に、ロゼリアがふーっと息を吹き掛ける。
すると千切れかけた人形は綿ほうしと葉っぱに戻り、風にくるくると舞って消えていった。
綿ほうしが消えていくのを見届けた後、ロゼリアは俺の方を振り向きにこりと笑ってみせる。
「誰かさんの真似、ですよ。即席でしたがね。やってみると案外単純で簡単なものですねー相手を変わり身で撹乱する戦い方って」
そして表情、声色一つ変えずにそう言ってのけた。
悪意が無さそうに爽やかに笑ってはいるが、俺に対して向けられている嫌味はひしひしと伝わってくる。
本来ならばこの態度に憤慨している所なのだが――言い返せない。

強靱な肉体や甲殻を持つ者達とは違い、俺の体は非常に小さく脆い。
その為、決して相手の攻撃をまともに受けるわけにはいかない俺にとって、敵の目を欺き、虚を突く身代わりという戦法は基本であり有効な立ち回りなのだ。
だが、その仕組みは人形などを使った簡単で単純なものだというのは事実。
一度見破られてしまえばもうその戦闘において効力は薄まってしまう。
見抜かれてしまうような自体は今まで無かったのだが――これは“たまたま”運が良かったにすぎない。
このままではまずいであろうな。何か、新たな何らかの手段、戦法を考えなければなるまい。

「あのー……ごめんなさい、僕少し言いすぎましたかね?」
難しい顔をして黙り込んでいたであろう俺の顔を、少し申し訳なさそうにロゼリアがうかがう。
「いや、欠点を改めて見なおせた。感謝する」
俺の言葉にロゼリアは怪訝そうに首を傾げる。気にするな、と加えておいた。
そうこうしている内に、サンドパンがうめき声を上げて体をぴくりと揺らす。

む、目覚めるか――。


目を開けた途端、サンドパンは飛び上がるように起き上がり、こちらにまた身構える。
しかし、すぐに力なくがくりと片手と膝を地についてしまった。息を荒くしながら、サンドパンはこちらを睨み上げる。
「ぐぐー……くっそ!お前は、一体何だってんだよォッ!」
それは有無を言う暇もなくいきなり襲撃されたこちらがそっくりそのまま返したい言葉だ。
そう言いたい気持ちをぐっとこらえ、目の前で悔しそうに喚く針鼠に名を名乗り、目的を告げた。

「なっにィッ!それじゃあお前らが――」
飛び跳ねそうなほど驚愕するサンドパン。

「そうだよ」
サンドパンに答えるように、上の方から何者かの声が聞こえる。
このじめっとした、茸でも生えてきそうな陰気な喋り方は――。
俺達が高台を一斉に見上げると、大きな赤い茸が茶色の甲殻に包まれた手足を動かしながら、こちらに向かって高台を下りてきていた。
ある程度の高さまで下りるると、一気に飛び降りて俺達とサンドパンの間に降り立った。
「久しぶり。ピカチュウ――様。三年前とまったく変わってなくて驚いたよ。僕はこの通り変わったのに」
多少見た目は違ってしまっているが、間違いない。こいつはパラス――三年前に、手下にしたあのパラスだ。

「あっちゃー……またやっちまった?」
深く反省する風もなく頭をぽりぽりと掻くサンドパンをパラス――進化を遂げた現在はパラセクト――は横目で見、大きくため息を吐いた後にこちらに目を戻した。
「ごめん、こいつ馬鹿だから……。ご一行様の特徴はちゃんと伝えておいたんだけどね……」


その後、俺達はおつきみ山に向かう足で、色々とパラセクトに話を聞かせてもらった。
当然、俺のフォローを挟みながらだが。
まだ必死のフォローをしなければならない機会が数回あると思うと気が重くなる……。

三年前に俺達が急に姿を消した後、しばらくはニャースやダンバルと共にディグダの穴で途方に暮れていたそうだ。
だが、このままでは埒があかないと話し合い、分担してそれぞれの地域を治めようとした。
ニャースはヤマブキシティ近辺、ダンバルはこれまた突然いなくなった一匹のディグダの代わりにディグダの穴を、そしてパラセクトはおつきみ山。
比較的パラセクトは首尾よく手下達を増やし、おつきみ山を掌握できたそうだ。
シルフビルの一件以降、何故だか“ツキ”が良くなり、的確に物事を運べるようになったのだという。
そういえば、一つ思い出した。イワヤマトンネルのポケモン達が言っていたおつきみ山の異変――それをパラセクトに尋ねる。
しばらくの沈黙の後、パラセクトは実際に見てみればわかるとだけ言い、歩を早めた。
おつきみ山に何が起こったというのか――。


パラセクトに続き、おつきみ山の入り口をくぐる。
「何だか――前に来たときよりこの洞窟、随分と小さくなってない?」
最初にその異変を口にしたのはミミロップだった。
そうなのだ。あれだけ広かったおつきみ山の洞窟は随分と狭くなり――そして所々に人間用であろう道案内の貼り紙が貼られている。
「……どういうことだ?」
パラセクトはぴたりと歩を止め、悔しそうに地面に爪をたて、えぐる。
「人間――さ。ことの発端は小さな落盤――」

俺達がいなくなってから一年目頃、おつきみ山で小規模な落盤が発生したらしい。
おつきみ山へ観光に来ていた人間がそれに巻き込まれ、命までは落とさなかったがそれなりの怪我を負ったらしい。
元々、このおつきみ山は観光地としても人間達に有名であったところだ。それがいけなかった。
観光地としての顔も持つ山が落盤するようでは危険だ、このような事が起こらぬように整備を。
観光地としては広すぎる、遭難者が出ぬよう規模の縮小を。観光地なのだから少しくらい山を削ってでも土産物屋を――。
どんどんと人間達の加える手はエスカレートしていき――今に至るそうだ。
「住みかを勝手に作り替えられちゃたまらないから、僕達もそれなりに工事を邪魔したり抵抗したんだけどね……。無駄だった」
様々な出会いにより、少しだけ和らいでいた俺の人間に対しての怒りが再燃し始める。
「でも、不思議なんだ。数件建てられる予定らしかった土産物屋を一件だけたてて、人間達は工事を止めてしまった。
そればかりか少しずつ元の環境に戻そうとしてくれているんだ。
最初は僕達の抵抗の賜物だと思ったんだけど、実際はポケモンリーグの監視が強まり、ポケモン達の住む場所を好き勝手にいじくれなくなったからだってさ。
三年前に就任し、今もずっとその座を守っている若いチャンピオンの強い意向なんだって」
人間というやつはこれだからわからない。時折、このような情を我らに向ける者がいる。わからない――。



ハクタイの森、洋館

「……遅い」
食堂の一番奥に席にいらただしい様子でドカリと座り込むドンカラス。
夏の暑さが余計にをイライラつのらせていた。
 いま目の前には縦長のテーブルを中心にズラリと席が用意されている。
が、その席を埋める者達は一向に現れない。
「揃いも揃って会議に遅れるたぁ、いい度胸じゃねぇか…」
いつもなら相槌を打つエンペルトも今はいない。
ドンカラスの愚痴だけが虚しく食堂に響いていた。

数分後
―――ガチャリ
ドアノブを回す音と共に、落胆した様子のエンぺルトが姿を現した。
「他の奴らはどうしたでやんすか?」
「それがだな…」
一瞬の沈黙、大きなため息をつき言葉を続ける。
「…来れないそうだ」
「・・・・・」
気まずい空気。

「…ど、どういうことでぇ?」
怒りに任せて怒鳴り散らしたいところをグッと抑え、静かに問いかける。


「七武海の奴らは?」
「新しい配下との顔合わせのためにカントーに向かった」
「ユキノオー達は?」
「創立何十周年記念とかなんとかで南の島へ」
「チャーレムは?」
「武者修行で詳しい位置がわからん」
「ゴルバットは?」
「『コンテストが呼んでいる』とだけ言って何処かへ飛んでいった」
「ゴローンは?」
「お盆で故郷帰り」
「……クアァ」

 ガックリと肩を落とし、もう話す気力も失せてしまったようだ。
「そう気を落とすな、ドン。」
「もうダメでさぁ…こんな事じゃボスに合わせる顔が―――ん?」

ガチャリ
再びドアノブを回す音。
「誰でぇ?」
黒い体に赤いトサカ―――
開かれたドアの後ろから出てきたのはマニューラだった。


「オオオオォォッ!」
ドンカラスが息を吹き返したように飛び上り、マニューラのそばに着地する。
「よく来たじゃねえか糞n…いや、本当によくきやした」
「ひゃは~」
いつもとは違い、今日はやけに態度が良い。
「他の奴らはちょっとこれねぇが……って、おめぇの顔ってそんな単純でやんしたか?」
「ひゃは~」
「・・・・・」

「ドンカラス様~」
突然、窓からヤミカラスが飛び込んできた。
「なんでぇ、なんでぇ、そんなに急いでどうしたんでぇ?」
「じ、実はマニューラ達が勝手にフローゼル一隊を使ってバカンスへ行ってしまいまして…あれ?マニューラさん帰って来たんですか?」
「あ、ひゃ、にゅ~ん」
あっという間にマニューラの姿は紫色の軟体へと姿を変え、唖然としたまま動けないドンカラスを尻目にそそくさと部屋を飛び出して行った。
「け、結局糞ネコも…クハ、クハハハハハ……」
「ドンカラス様ッ!気をお確かに!」

「やれやれ……ん?」
高笑いを続けるドンカラスからこぼれおちたメモがエンペルトの目に入った。
そのメモの一番上には大きく「夏の旅行計画」と書かれていたそうだ。

続かない

スポンサーリンク


TOP