スポンサーリンク

第25章_1

白毛攻めから何とか這い出し、解放された息を整える。
胸に込み上げてくる熱い思い。自然と口元がぎくしゃくと歪む。だが、ミミロップ達の前で情けない顔を見せる訳にはいかん。必死に押さえ込み、俺は顔を上げた。
「驚いた? ボクも驚いた!」
顔いっぱいに笑顔を浮かべ、曲刀のような黒い尾をぶんぶん振り回し、体中でアブソルは喜びを表現している。
もう一度、飛び付かれそうになるのをひょいと横に避け、なだめる為にアブソルの首の辺りをぽんぽんと軽く撫で叩いた。また窒息死させられそうになってはたまらない。
この様子、間違いなく“あの”アブソルだ。

「どうなっているんだ?」
ミミロップ達に聞こえぬよう、声を潜め俺は尋ねる。
「黒い奴に引っ掻かれて気を失ってから、何が起こったのかよくわからないけど、ボク助かったみたい。奇跡ってあるんだなあ……神様っているんだね――」
俺の様子に何となく状況を察したのか、アブソルも小声で話す。
“神”はお前だろう……。
そう口に出してしまいたい気持ちはぐっと堪えた。

どうやら、俺を庇い傷を受けて倒れてからの記憶を、アブソルは忘れて――いや、忘れさせられてしまっているようだ。
気が付いたら見知らぬ草むらに一人で横たわっていたらしい。そして、同じく倒れるように寝ていた俺の姿をすぐに見つけ、俺も無事だったことを知ったという話だ。
「――そう言えばボクが目覚める前に、誰かの声を聞いた気がするんだ。その体は暫しお前に預ける。その間、我は眠りにつくとしよう。普通と何一つ変わらない、ただのポケモンの一匹として生きてみせよ――って」
自ら記憶を封じたか、アルセウス。
自分が出来なかった事を、この偶然に生まれ出でたであろう意識に託して……。
アルセウスの自信と威厳に満ちたあの声で「任せたぞ、友よ」と言われたような気がした。ふん、仕方がない。

「葉っぱの緑色、空の青色――綺麗だね、世界って。あのうす暗い部屋とは大違い」
アブソルは目を輝かせながら、俺達にとっては何気ない普通の景色を感動したように見回す。

――この幼い獣に、お前の創りだした世界の様々な景色を見せてやるとしようか。


「お前、どこか行く当てはあるのか?」
俺がそう問うと、アブソルはぴたりと動きを止める。何かを考えているのかしばらく難しい顔をしていたが、すぐに途方に暮れたような表情を浮かべた。
「そういえば無いや。外の世界のことはよく知らないし、クレセリアもいないし……どうしよう」
元気に上を向いていた尻尾を下に垂れ下げ、ぺたりとアブソルは草むらの上へ座り込む。
まあ、そうだろうな。聞く必要も無かったか。
「ならば俺達と共に来い。旅を続けていれば、こんな場所など比べものにならない程、雄大で、圧倒されるような、素晴らしい景色に出会えるぞ」
「本当!いいの?」
アブソルは再び目を輝かせ、尾を立て、飛び起きる。
「ああ、本当だとも。さあ、とりあえず奴らにお前のことを伝えに行くぞ」
「うん、ボク一緒に行くよ。ありがとう、ピカチュウ!」
にっこりと笑いながら飛び付いてきたアブソルを、横に飛び退いて冷静にかわす。
それにしても、ころころと表情がよく変わる。ダークライに閉じ込められていた時は、どこか影があったが、やはりまだ子どもなのだな。
自然と口端が上に向かい、自分が薄く笑みをこぼしている事に気付く。
……実に俺らしくない。
表情をぐっと整え、少し後方へ離れさせていたミミロップ達の方へ、きびすを返した。


「――ということで、今からこの者を旅へ同行させる」
ミミロップ達にアブソルを同行させる事を告げる。
ロゼリアとムウマージは特に不満はなく歓迎する雰囲気であったが、ミミロップは少し不機嫌そうにしていた。
ミミロップの機嫌が不意に悪くなるのは、いつものことだ。いつも理由はわからんが、気にすることもないだろう。
アブソルと出会った経緯などは適当に理由をつけ、はぐらかしておいた。まさか本当のことを言うわけにはいかないし、言ったとしても信じはしないだろう。
シルフビルの一件は、ミミロップ達は長い夢だったと思わされているようだ。どこまでが現実でどこからが夢だったのか、はっきりとは把握できないらしい。
気が付けばまったく関係の無い草むらに倒れており、受けたはずの傷は消えていたのだ。夢だと思ってしまうのも無理はない。アブソルを見るまで、俺もそんな考えに陥りそうになった。

さて、俺が今いるのは、俺達が本来いるべき現代のカントー。
つまり、最初に訪れたカントーはダークライのせいで時空が狂っており、三年前の状態だったということになる。
カントーに渡る際、船内にてダークライに接触した。
あの時に――いや、もしかしたら船に乗り込んだ時、既に俺達は三年前の時空に引きずり込まれていたのかもしれない。
まずはカントーで加えた手下達の様子を見て回った方がいいだろう。果たしてどう変わっているのか。
もし俺の顔を覚えていなければ、軽くびりびりとショックを与え、思い出させてやるとしようか、ふふふ――。


「で、これからどうするの?」
相変わらずツンッとした態度でミミロップが尋ねた。
「そうだな…」
此処からならイワヤマトンネルまで目と鼻の先。
―――あのイワークのことだ、3年も空けていれば好き放題やっていてもおかしくない。
そもそも、俺たちを覚えているかどうかも怪しいのだが。

「―――まずはイワヤマトンネルに向かう」
「りょうか~い」
「あの気持ち悪いイワークの所・・・ですよね?」
ロゼリアが不安げに俺のほうを見る。
まぁ、記憶がはっきりしていないのだから仕方ない。
とりあえず状況を把握することが先決だ。
「あぁ、そうと決まればすぐに出発するぞ」
「「はー――い」」


イワヤマトンネル入り口―――

「わぁッ!本当に真っ暗!何も見えないや」
キャッキャとアブソルが尻尾を振り回し闇の中へと走っていく。
10番道路を出発してからずっとこんな調子だ。
無理もない、生まれたての赤ん坊と同じように見るもの全てが新鮮なのだ。
フッ、見ているこっちまで楽しくなってくる。
「あっ、勝手に行くと危ないですよ」
「まって~」
慌ててロゼリアがあとを追いかけ、さらにその後ろにムウマージが続く。

「―――でもピカチュウおかしくない?」
いつの間にかミミロップの機嫌は直っていた。
「何がだ?」
「うーん、記憶がいまいちハッキリしないから間違ってるかもしれないけど…、確かトンネルの中って工事で明るくなったはずじゃ…」
「―――!急いであいつ等を追いかけるぞ」

さて、どうやって俺の顔を思い出させてやろうか――


「うわぁ!」
暗闇の奥からロゼリアの悲鳴が聞こえる。――早速、来たか。
「な、何なんですか、あなたは? は、離してください!」
暗くて先は見えんが、どうやら何者かにロゼリアが捕まっているようだ。

やれやれ、また面倒臭いことになりそうだな。軽く舌打ちをして、洞窟の奥へと急ぐ。
しばらく駆け進むと、暗闇の先に明かりが灯っている一帯があることに気が付いた。ロゼリアの悲鳴はそこから聞こえてくる。
光は洞窟に掘られた部屋のような空間の入り口から、漏れだしているようだ。奥行があり、かなり広そうだ。
「うっふん、ダ・メ・よぉー。あなたみたいな、い・い・オ・ト・コをあたしが見逃すわけ無いじゃなぁい」
部屋から何者かの声が聞こえる。その言葉遣いに対し、声は異常に野太い。
入り口の横の壁を背にし、俺は恐る恐る部屋の中を覗き込んでみた。
「ひいぃ、何なんですかこのポケモン!」
ロゼリアが、太い筋肉の塊のような腕に、捕らえられている。アブソルとムウマージは、掴み上げられたロゼリアを困ったように見上げていた。
身を少し乗り出し、更に部屋を覗き込むと、ロゼリアを掴んでいるのは巨大な人型のポケモンだということがわかった。

巨人のようなそのポケモンは、全身を筋肉が鎧のように覆っていた。ぼこぼこと高く盛り上がった肩は、巨人の灰色の肌のせいで、まるで岩山が二つくっついているかのようだ。
ロゼリアを掴んでいる一本の腕の他に三本、腕が余っている。岩でさえ泥団子のように砕けそうな剛腕が、岩山のような両肩から二本ずつ生えているのだ。
身を外に戻し、俺は心の底から深いため息が出る。……何だあの化け物は。

どうやらトンネルは、三年のうちにあの筋肉の塊に乗っ取られてしまったらしい。イワーク達が巨人の後ろで、巨人の機嫌を伺うようにおどおどしていた。使えん奴らだ。


どうするか……。
正直、戦いたい相手では無い。あの手でリンゴのように握り潰されるイメージが頭に映る。
それと――何か別な恐怖を感じるのだ。それが何なのかわからないが。
ロゼリアにしか興味が無いようだし、いっそロゼリアは見捨ててアブソルとムウマージだけこっそり連れていけば……等というとんでもない考えまで脳裏をよぎった。

「もー、走るのが早いってば!」
遅れていたミミロップが、文句を垂れながらようやく追い付いてきた。
「しっ――」
俺は声を静めさせようとしたが――。
「きゃあッ!」
何かに躓き、ミミロップが悲鳴と派手な音を立てて転ぶ。まずい――。
「ん? そこにいるのは誰なのぉん?出てらっしゃあい!」
存在をあの巨人に気付かれたか。……覚悟を決めるしか無さそうだ。
部屋に飛び込み、いつでも戦闘に移れるよう低く体勢を構えて、巨人を睨み上げる。
「その腕で掴んでいるのと、足元で困り果てているのは俺の仲間だ。そしてお前の後ろでガタガタ震えている情けない手下共も。――まとめて返してもらおうか?」
巨人はたらこ唇のようなべったりとした觜をいやらしく歪める。
「いやぁよ。元々、この山はこのあたし、カイリキーさまぁん……のものだったんだからぁ。そしてこの山に勝手に来たものも、あ・た・し・の・も・の」
カイリキーと名乗った巨人はぎゅっとロゼリアを抱え込む。ロゼリアは泡を吹いて気絶していた。
「ならば力付くで――」
「あらぁん?」
 言葉を遮るように、カイリキーはこちらに顔を伸ばすように俺の顔を覗く。
「あんたもよぉく見れば、い・い・オ・ト・コ!」
全身の毛という毛が逆立つのを感じた。極寒の地に突然放り込まれたようだ。
「今日はついてるわぁ! あなたもあたしのコレクショぉンにし・て・あ・げ・る。」

――かつてない異質な恐怖が俺を襲う。


part2 879・882・894様作


画像が表示されない方・拡大表示はこちら


画像が表示されない方・拡大表示はこちら


画像が表示されない方・拡大表示はこちら


寒気が収まらない。こいつは何を言っている?
どこからどう見ようと、この目の前にいる筋肉の化身は雄。
どんなに態度を取り繕うと、天地が引っ繰り返ろうと、雄だという揺るぎない事実を奴の全身がひしひしと伝えていた。
だらだらと顔中に冷や汗が流れる。雄が雄を好き好み収集――理解しがたき異常性。俺の思考回路は目の前の異形を否定するために全力で回っていた。
最後の望みを託し口を開く。
「お、お前は雌なのか?」

ふふん、と鼻を得意げに鳴らし、カイリキーはこちらにウィンクをする。毛虫のようにぞわぞわした気配が俺の体を這った。
「コ・コ・ロ・は・オ・ト・メ!」
――否定の望みは儚くも断たれた。
間違いなく奴は通常ではない思想の持ち主である。俺に異質な恐怖を感じさせたのは“これ”であった。

大好物を目の前にした獣のように舌なめずりをしながら、カイリキーはこちらになよなよと内股で迫ってくる。
その醜悪な様子に軽く目眩がしたが、必死に堪えた。倒れてしまったら何をされるかわからない。想像したくもない。
今までに戦ったどんな敵よりも別の意味で恐ろしい。だが、決して負けるわけにはいかないのだ。奴を倒せ、この身に近付けるなと全身がうったえ、頬に電気がみなぎる。
そして放つは必殺の――!
電流がほとばしる手の平を奴に向けたところで、ふと我に返る。
筋骨隆々とした腕の先の手中で揺られている緑色が目に入った。カイリキーの手も全身も、塩分濃度の高そうな暑苦しい汗に濡れている。
――これでは電撃は使えない。


あの腕が届く間合いに近づくのは出来る限り避けたい。
あの巨木の幹みたいな四本腕を見て正面から接近戦をしたがるなど、負けず劣らずの筋肉や甲殻で武装した猛者か、身のほどを知らない愚か者だけだろう。
生憎、俺にはあの筋肉丸太から繰り出される打撃に耐えうるような骨や殻は持ち合わせてはいない。
電撃が使えないとなると、俺に残る遠距離から仕掛ける手段は腕輪。これに賭けるしかない。だが、植物の蔓でどうにかできる相手にも見えん。

「さあ、おいで。抱き締めてあげるわぁん」
あれこれ考えているうちにカイリキーとの距離は確実に狭まってくる。長考している暇は無い。とにかく試してみるしかないか。
目を閉じ、腕輪に意識を集中させると、いつものように俺の心と何か大きな力の流れのようなものが繋がった感覚がした。問題なく今までどおり使えそうだ。
力の流れから、心の手を伸ばして出来る限り力を引っ張ってくるイメージを腕輪に伝える。
鉄の棒同士をぶつけたような高い音を一度だけ鳴らし、腕輪は自らの周りに光球を灯し始めた。
緑の光球では駄目だ。蔓で動きを止めたところで、バンギラスの時のようにすぐに引きちぎられる。
締めあげ、ロゼリアを手から離させるほどの力はまだ無い。ならばこの色――。
腕輪を付けたほうの手を迫りくるカイリキーへ構える。そして光球の一つに意識を向けた。
ヴーンと重低音を響かせ、手の先の空間が波打つ。これはいけそうか?
「なんのつもりかしらぁん?」

しかし、起きた変化は、期待していたようにカイリキーを吹き飛ばすでも、持ち上げて投げ落とすでもなく、カタカタと奴の足元の小石が揺れ動いただけだった。
即興で大きな力をもたらすのは、やはり無理なのか……。
こうなれば接近戦しかない。目の前が真っ暗になりそうだ。
ロゼリアさえ救出できれば、後は電撃でどうにでもできる。
何らかの手段で撹乱し、拳の直撃や、俺まであの手で捕らえられることだけは避けなければ。


―――覚悟を決めるしかない様だ。

姿勢を低く構え、いつでも飛び出せるように身構え―――
―――ん?
不意にマントから小さな緑色の実―――ラムの実がこぼれ落ちた。
こんなもの拾った覚えはないのだが…まあいい。
こうなれば一か八かだ。

「な~にゴソゴソやってるのよぉ~」
すでに奴の間合いまであと3歩…2歩…来るッ!
「いくわよぉ~」
ロゼリアを持った腕を除く、3本の筋肉の塊が襲い掛かる。
「―――チィッ」
まったく、この攻撃のどこが乙女だと言うのだ。
これだけ間髪入れずに攻撃されては反撃どころではない。
やはり無理があったか―――

反撃の隙も得られないまま、徐々に後退を余儀なくされ―――

ドンッ
遂に壁際まで追い詰められた。

「さぁ、そろそろ終わりにしましょぉ」
パンチの応酬で軽く汗ばんだ顔を光らせ、奴が覆いかぶさるように迫ってくる。
「―――ッツ!」
一瞬の隙を突き、顔面に尻尾を振り下ろす。
直撃―――だが、ビクともしない。
「あらぁん、ひょっとして今ので全力?」
まるで何事も無かったかのように、がっしり俺の尻尾を掴んだ。
チッ、顔まで筋肉でコーティングされているのか…化け物め。

スポンサーリンク


TOP