スポンサーリンク
おとくなけいじばん!
  1. ペリッパー島

ペリッパー島

  • 行ったことのあるダンジョンに行ける(行ったことのあるフロアまで)。
  • ペリッパー島限定ダンジョンに挑戦できる。
  • ダンジョンで倒れた時に救助を求めることができる。
  • ダンジョンで倒れているポケモンを救助することができる。
  • 主人公とパートナーはストーリーをクリアするまで使えない。

利用できる施設


  • 西のペリッパー:救助メールのやりとりができる。
  • 東のペリッパー:おたすけポケモンのやりとりができる。
  • その他は 施設 でできることと同じ。
  • 『ルチャブルのわざカクトゥーッ!』は Chapter7 のイベントを進めると利用できるようになる。
  • 『クレッフィのカギあけ店』『金塊交換所トレードゴージャス』は Chapter11 のダンジョンをクリアすると利用できるようになる。

西のペリッパー

ペリッパー

ここでは 救助関連のメールのやりとりができますよ!
ダンジョンで たおれてしまったときに だれかに助けを 求めたり……
逆に ほかのだれかを助けたり……
助けてもらった おれいをしたり……
…といったことが メールを通じて やりとりできるのです!

  • 救助メールのやりとりができる。
  • 『パスワード』『QRコード』『ローカル通信』『赤外線通信』のどれかを使うことでできる。
  • 救助する側は、救助されるポケモンが倒れたフロアまで行き、倒れたポケモンを探す。

東のペリッパー

ペリッパー

おたすけポケモンは すれちがい通信を使って やりとりするペリよ。
自分のポケモンを送り出したり だれかのポケモンを受け入れたりできるペリ。
たくさんのプレイヤーと レッツおたすけ!!

  • おたすけポケモンのやりとりができる。
  • おたすけポケモンはダンジョン冒険中に現れ、そのフロアにいる間、一緒に戦ってくれる。
  • おたすけポケモンとして送り出しても自分のソフトからいなくなる訳ではない。
  • 受け入れられるおたすけポケモンは20匹までで、送り出したことがないと受け入れられない。
  • すれちがい通信に登録後、インターネットにも登録できる。

救助方法:セルフ救助

ペリッパー島で最初に選ばれた3匹のポケモンと、これまでに仲間になったポケモンを使って、自分で自分を救助する。
北のゲートから救助マークがついたダンジョンを選択し、主人公が倒れたフロアまで行き、倒れている主人公に話しかけることで救助が成功する。
救助が成功したら、救助したポケモンたちはすぐに脱出する。
南の出口からペリッパー島を出てトップメニューに戻り、『ふっかつする』を選ぶことで、倒されたフロアから再開できる。
また、近くに『あなぬけのたま』が落ちているので、そのまま脱出することもできる。

救助方法:救助メール

救助メールを使って、だれかに救助してもらう。
救助される側
西のペリッパーのところで『たすけてメール』を送る。
救助する側
西のペリッパーのところで『たすけてメール』を受け取り、北のゲートから救助マークがついたダンジョンへ行く(自分が行ったことのあるダンジョンにしか行けない)。
目的のフロアの倒れているポケモンに話しかけることでが成功し、脱出後、西のペリッパーのところで『ふっかつメール』を送る。
救助される側
西のペリッパーのところで『ふっかつメール』を受け取り、南の出口からペリッパー島を出てトップメニューに戻り、『ふっかつする』を選ぶことで、倒されたフロアから再開できる。
その後『おれいメール』を送ることができ、お礼に道具を添付することができる(添付した道具はなくなる)。
救助する側
西のペリッパーのところで『おれいメール』を受け取る。

スポンサーリンク


TOP